スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本のフォント
今日も雨。秋の長雨です。涼しくていいのですが、

夏が遠く感じます。


わたくし、趣味が読書と書店ウロツキでして、

大き目の本屋に入ると、ウロウロ、うろうろ

時間を忘れて、本棚の本を作家別にあいうえお順に

並べたりしております。(本屋の本棚です)

気に入った本があれば、もちろん買います。

たいてい文庫本ですが。

各出版社の文庫本、書体、フォント、さまざまです。

私がよく買う、

角川書店、講談社、新潮社、幻冬舎、集英社、文藝春秋

の文庫本、

講談社の書体が読みにくくていけない。

文字が四角いんです。

そしてぎゅっと文章が詰まってるんです。

堅い文字なんです。

その点、ほかの文庫の文字は読みやすい。

やわらかい流れるような文字で目がスラスラ動きます。

もちろん、文字が小さい文庫もあります。

でも、字、一つ一つがやわらかいと、

案外読みやすいのです。


てと16

「お父にゃんに遊んでもらうのにゃ」

チャットくん、本読めないもんね。

どうでもいい話しだよね。

てと17

「パンチにゃー」

あら、楽しそう。

ここ数日寒いのに、半ズボンのトニーっていかがなものか・・・

まだ、ダーリンと呼んでくれないトニー。

半袖、半ズボンで、がんばる男。



ranking人気ブログランキングへ

チャットくんで暖をとるトニーに応援クリックお願いしまつ


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。