スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こどもの頃
「20世紀少年」を読んでると、子供の頃を思い出します。
私は、ケンヂやオッチョが少年だった頃とは時代が違いますが、
小学校に行く途中にあった駄菓子屋とか、友人たちを思い出します。
私が子供の頃、アイドルは工藤しずかだった・・・ヒカルゲンジも。
手の振り付けのマネをよくしたものです。友人の「明星」を見て、好みのタイプを教え合ったり。
(私はひねくれてたので、香港映画のスター☆ユン・ピョウが好きでした。)
「大草原の小さな家」見てたなぁ。
「カックラキン大放送!」
笑いを学びました。
不良ドラマも多かった。「乳姉妹(ちきょうだい。漢字はあやしい)」なつかしいなぁ。
ドラマ「少女に何が起こったか」
ピアニストになりたかった。
小学●年生のまりちゃんシリーズ。
バレリーナになりたかった。
「花の子ルンルン」「プリンプリン物語」(たぶん再放送?)
旅に出たかった。
家の裏山探検を旅に見立てて山の中を駆けずり回ってた。
弟を家来にして。(鬼姉ですた)
「キャッツアイ」「シティーハンター」
どろぼうに憧れ、強い刑事(女刑事サエコ)になりたかった。
刑事と言えば、「あぶない刑事」
タカとユウジ。ステキなコンビ。
そして、キョンシー!!
テンテン!!スイカ頭!トンボー!
大きくなってから、中国、香港、澳門、台湾に行きますたが、
キョンシーはいなかった。(当たり前じゃ。)
テレビとマンガが好きな子供でした。

幼ねむ

幼こち

か・わ・い・い

こちねむ2

今でも、かわいいですけろ。

私も大きくなりますた。




ranking人気ブログランキングへ

ぽちっとな。



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。