スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
溺れるものは藁をもつかむ
溺れるものは01

夕焼け空。地平線でも水平線もなく、住宅ばかりですが、
夕日はキレイ。
自宅マンションのベランダからパチリ。



私、三十数年、大きな病気も怪我もせず無事に生きてきました。
育ててくれた母と運の良い自分に感謝です。

でも、三十数年の中で死にそうになったことが2回ほどありまして、
今日はその時のことを書きたいと思います。


一度目は小学生になる前、6歳か5歳だったと思います。
太陽が照りつける真夏、家族で海水浴に海へ行きました。
その頃は両親も若く、私と弟をゴムボートに乗せ、
母がボムボートを引っ張って泳ぎ、父が後ろからゴムボートを
泳ぎながら支えていたんです。
子供が2人乗れるくらいの小さなゴムボート、私と弟ははしゃいでいました。
そこへ、とつぜん、大きな波が来てボートがひっくり返ったんです。
父でさえも足がつかないほど深いところまで来ていて、
私は必死に手足を動かしました。
水中から見ると水面がキラキラして綺麗だったのを覚えてます。
なかなか水面に頭を出すことができず、もがいていたら、
父が私の手を取って引っ張り上げてくれたんですが、

すぐ、私の手を放したんです。
私はまた水中へ。

私の失望といったら言葉にできません。
「ヒドイ・・・・・私死ぬかも・・・・・」
父に見捨てられた私はそれでも必死に手足を動かして
水面に出ようとしました。でも、なかなか出られないのです。
しばらくして、私をみつけた母が助けてくれました。

後で知ったのですが、父はゴムボートが転覆してすぐ私を
見つけ、引き上げようとしたところ、まだ3歳か2歳の弟が
いないことに気づき、私を母に任せ、弟を探していたとのこと。

弟は海底で気絶してたそうです。
ちゃんと生きてました。

でも、つかんだ私の手を途中で放すことないじゃないか!



2度目は20代前半の頃、
社員旅行でプーケットに行った時のことです。
泊まったホテルにはプライベートビーチがあり、
同期の女の子と二人、ワーイワーイと海の中へ。
楽しいー!海キレー!と二人で言ってるうちに、
どんどん沖へ。
気づいたら足がつかない所まで来ていました。
ヤバイ!戻らなきゃ。と思い、ビーチの方へ戻ろうとしたのですが、
引き波が強くて更に沖に・・・・・
さっきまで私たちよりも沖にいた同期の男の子もいません・・・・
その男の子に助けてもらおうと思ったのに。
海の監視員も私たちに気づいてくれず・・・・・
やっとギリギリ足がつくところまで来たと思うと、引き波で足もとの砂
ごと沖の方に持って行かれます。
波に体ごと沖へ持って行かれる恐怖といったらまたもや言葉にできません。
同期の女の子Sさんがついに、
「た、助けて・・・」と。
見たらSさん溺れてる。
私も必死。Sさんも必死。
水死体になった自分の姿が浮かんできました。
もうだめかも。と。でも、精一杯、力一杯、泳ぎました。
海には藁も何もつかむものがなく、
私はSさんの腕をがっしりつかみ、犬かきでどうにかビーチに
戻りました・・・・。
Sさんも無事でした。


海で2回も溺れましたが、私、海が大好きです。



溺れるものは02

「ママン、海と相性悪いんじゃない?」

そうかも。でも、海好きなんだもん。また行きたいな。海。




     ご訪問ありがとうございます。
     また見に来てくださいね†XmasOrns†ロゴ#10/雪の結晶04-02(*゜▽゜)ノ




teto02.jpg
人気ブログランキングへ
アップ
ポチっと応援クリックお願いします波




スポンサーサイト
コメント
らいちっQ さん、運がいいというんでしょうか?
よくぞ、2回も生きて帰ってこれたです~っ☆
わたしも同感です。
海は…鬼門なんじゃあ、ないですか?(苦笑)
そうだ、『浮き輪』だっ!
ぜひ、使ってくださ~い☆あは
2009/02/19(Thu) 20:46 | URL | しじめ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/19(Thu) 21:30 |  |  | 【編集
死にかけた2回が2回とも海ですか・・
それでも海が好きってところがいいです~i-234

私は生まれも育ちも伊豆なので
海はいつもすぐそこにあります。
小さい頃からよく泳ぎに行っていましたが
この場所は沖にもって行かれるから危ない
この岩の辺りは泳がないように
なんて場所が結構あるんですよ~。
2009/02/19(Thu) 23:19 | URL | pigumii | 【編集
すごい体験ですね。
きっとまだまだ生きろと、神様に言われたんですね!
生きてるからこそ、こんなステキな夕日が見られるんですもんね(^^)
お父さん、必死だったんでしょうね。
お母さんに任せるなんて、信頼しているからこそ出来る事ですよ。
ステキなご両親です(*^^*)
でも、ふとこんな事考えてしまう事って、あるんですよね。
ネムちゃん、癒してあげてね♪
2009/02/20(Fri) 01:01 | URL | たまりんりん | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/20(Fri) 12:26 |  |  | 【編集
大変な体験でしたね。
読んでるだけでドキドキでした。
ほんと、無事でよかった~!
最近は全然泳いでないけど、私も海が好きです。
眺めているだけでも気持ちいいですよね。
2009/02/20(Fri) 16:53 | URL | きお | 【編集
◇コメントありがとうございます◇
☆ しじめさんへ
自然は怖いですね。
今では笑い話になってます。

☆ pigumiiさんへ
私は山の中で育ったので、海にあこがれて
ます。
海=リゾート、夏=海 という公式がずっと
頭の中に埋め込まれてます。

☆ たまりんりんさんへ
そうなんです。ふと思い出したんです。
テレビか何かの影響でしょう。
自然の怖さを海に教えてもらいました。

☆ きおさんへ
今まで行った海の中で、沖縄の海が一番きれいでした。
もう水着でビーチを走りまわる年齢でも体型でもない
ですが、見てるだけでも癒されます。
2009/02/20(Fri) 18:52 | URL | らいちっQ | 【編集
そんなに「怖い思い」しても海が好きなんて、本当に好きなんですね。
ワタクシ、脂肪がたっぷりあるので、どうしても海では浮かんでしまいます。(笑)
遊泳禁止のところまでボートで行って。あとはプカプカ浮いて、程度に手をかいて無事に砂浜まで戻ります。
2009/02/21(Sat) 00:22 | URL | チビ太ママ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。